バズるべきなの?バズっても稼げない?・・・それより先決は!

バズればいいってもんじゃないんだよ

バズらせる為に犯罪行為に走ってみたり、ブログやTwitterを炎上させてみたり、バズらせるような宣伝をしてみたり、

とにかく訪問者数を爆発的に増やすために行動している人は少なくないようです。

 

君はそのような行為に走ったりしていませんよね?

 

とりあえず、バズれば稼げるわけではないって事は知っておこう!

そもそもバズらなくても稼げる

バズるってことは爆発的にサイト訪問者が増えて、アクセス数やPV数が異常なほど増えた状態のことですよね。

 

それが例え良い記事であろうが悪い記事であろうが、しっかりと戦略をたててバズらせることができれば稼げるようになります。

 

どれくらいのアクセス数があると『バズった』って事になるのかがイマイチあやふやですが、

  • 有名人のブログやYouTubeで紹介された。
  • テレビで取り上げられた。

くらいの状態であればバズっている可能性はありますよね。

 

ただ、そんなに爆発的にアクセス数が増えなくても稼ぐ事は可能です。

サイトに訪れてくれた人、たった一人が反応してくれれば稼げるのがインターネットビジネスです。

 

1000人や2000人、ましてや1万人や10万人を相手にする必要は全くありません。

 

まずはバズらせるネタを考えよう!なんて思うな!

私にインターネットビジネスの方法を聞いてくる人は大抵、

 

  • 嘘でもいいから面白いことを書いて、多くの人に見てもらえれば稼げるんでしょ?
  • いつも冗談みたいな面白いことをやっている奴がいるんだけど、こいつと組んでYouTube配信しようと思うんだよね。

 

みたいな無駄な行為を本気で『稼げるネタである』と考えている人が多いんです。

 

たぶん、

YouTuberという職業が流行っている

  ↓

面白いことをすると多くの人に見てもらえるらしい

  ↓

多くの人が見てくれるだけで稼げる

ってイメージをテレビ番組などで紹介したせいでしょう。

 

これ自体は完全に嘘かといえばそうではないんですが、手間とお金と体力と時間と知識と根気が必要な作業になります。

嘘を書いてしまえば犯罪行為にだってなりかねない!

 

ビジネス=ある程度の手間を惜しんではいけない

というのは仕方ないにしても、本当に稼げるかどうかわかならい作業に

  • 手間
  • お金
  • 体力
  • 知識
  • 根気
  • 犯罪行為と認識される可能性

をすべて請負う勇気はありますか?

 

私は『まず単純に稼げるようになってから手を出す』という順序が正しいと思いますがね┐(´д`)┌

コメントを残す